沖縄の激安レンタカーは安くて簡単に利用できるから借りないと損

RENTAL CAR

沖縄でレンタカーを借りてドライブしよう

沖縄旅行は年中楽しむことができます。夏のシーズンは海水浴やマリンスポーツが楽しめます。冬は海水浴をすることはできませんが、観光地も多くあり、また違った楽しみ方があります。
沖縄は観光地やホテルなど移動距離が遠くないので激安レンタカーがちょうど良く、沖縄の観光地を満喫する為にはレンタカーが必須となります。観光バスで巡るという方法もありますが、観光バスのツアーではゆっくり見たいところが見れなかったり、慌ただしくなります。そして沖縄は観光産業で成り立っていると言っても過言ではないほど、街中を激安のレンタカーが多く走っています。その為、地元の人も観光客が利用するレンタカーのナンバーには道を譲ってくれたりしてくれる為、運転は非常にしやすいです。
南北に伸びる海沿いの国道をレンタカーで走らせているだけでも綺麗な景色が見えます。国内旅行ですが、海外のリゾートをドライブしているような気分になります。それでいて、国道沿いには見所が多くあります。海洋博公園や沖縄の名産物やスイーツなどが集まったお店、また琉球ガラスを作る体験ができたりします。そして道の駅にはお土産がリーズナブルに購入することができたり、地元の郷土料理が食べられます。
観光バスでは寄らない楽しくておすすめのスポットは沢山あります。その為沖縄は激安のレンタカーで観光すると、何度訪れても楽しい発見があります。

沖縄でレンタカーを借りる際のコツ

沖縄で激安レンタカーを借りる際は、いくつかのコツを押さえておくことをおすすめします。ただ借りるだけなら簡単ですが、それでは思わぬ失敗をすることもあるのです。コツを押さえておくことで、激安レンタカーをうまく使うことができます。
まず、ペーパードライバーで自信がないという人は、事前にシミュレーターで練習しておきましょう。運転シミュレーターは右ハンドルに慣れていない外国人観光客向けのようなイメージがありますが、日本人であってもとても便利なものです。運転の感覚をつかむだけでなく、運転中に注意すべきポイントなども確認できるので、不安な人はぜひ利用してみてください。
そして、カーナビの操作については運転の前に必ず沖縄の激安レンタカー店に確認しておきましょう。出発してから焦って確認していたのでは効率が悪いだけでなく、事故につながる危険もあります。カーナビの操作方法を確認するためのスペースを設けている業者も多くあるので、積極的に利用していきましょう。
そして、運転中の注意点としては駐車する場所があります。つい路上駐車してしまうこともありますが、それで駐車違反をとられる失敗は、決して珍しくありません。せっかくの旅行で嫌な気分にならないためにも、駐車する際は沖縄でもきちんとパーキングを利用するようにしましょう。

沖縄でレンタカーを有効活用しよう

レンタカーとは車を借りれるサービスのことやその車を指す言葉で、車両によって料金が異なるものの非常に便利なサービスとして今なお愛用する方が多いサービスでもあります。沖縄県は本州の人間からも旅行先として人気の県ですが、小さな島だと思って公共交通機関だけに頼ろうとすると、実は思いのほか広かったり、公共交通機関ではカバーしていないスポットが存在するなど、何かと不便に思うこともあるでしょう。そんな時は沖縄県で激安レンタカーを借りることで解決してくれます。
沖縄県内では、モノレールは那覇市内しか運行していません。那覇市内を観光する分にはモノレールなどで十分ですが、ちょっと外れた地域に行きたい場合は歩かなくてはいけません。もちろんバスという選択肢があり、バスは沖縄全土に路線が張り巡らされているものの、複雑かつ停留所の間では降りれないという欠点も存在します。さらに何度も乗り降りしていては出費も嵩んでしまいます。
しかし激安レンタカーを活用すれば、観光地やスポットなどはもちろん、目についた場所へ寄り道するなど好きな場所へ行くことが出来ますし、激安なら料金もかなり抑えることが出来るのです。観光で毎年多くの方が訪れる沖縄ではレンタカーが非常に有効な移動手段ではありますが、人気があって在庫がなくなってしまうこともあるため、事前に予約しておいた方がいいかもしれませんね。

ジンベエザメだけじゃない「沖縄美ら海水族館」の観光スポット

沖縄観光で一番人気の定番スポット。それが日本最大級の水族館、沖縄美ら海水族館です。日本一の巨大水槽「黒潮の海」と、そこを優雅に泳ぐジンベエザメは、たとえ沖縄観光行ったことがなくとも、誰もがテレビなどを通じて一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。ですが、美ら海水族館の魅力は、ジンベエザメだけじゃないんです。この水族館の展示コンセプトは「沖縄の海との出会い」。イノー(沖縄の方言で潮だまりのこと)から、色とりどりの魚たちが泳ぐサンゴ礁、ジンベエザメが泳ぐ黒潮の海、そして未だに謎に満ちた深海と、沖縄の海の様々な環境に焦点が当てられています。「サンゴの海」水槽は、生きたサンゴを飼育する日本最大の水槽。普通の水族館のサンゴ礁水槽は作り物ですが、ここのサンゴは本物の生きたサンゴです。沖縄の自然の海水と日光をそのまま使える環境だからこそ実現できた特別な水槽なんです。また「危険ザメの海」水槽では、人を襲うこともある大型のサメが飼育されています。とりわけオオメジロザメは長期飼育と繁殖に成功し、他の水族館では見られないような大きな個体が展示されており、迫力満点です。この他にも紹介し切れないレベルの高い展示がたくさんあります。ジンベエザメももちろん魅力的ですが、一つ一つの展示のクオリティが高い水族館ですので、観光に訪れた際には、じっくり時間をかけて見学することをお勧めします。